真の強者は気合玉を外さない

ルカリオが相棒な人のブログ。ポケモンの事とか人狼の考察とか Twitter:@Moju_poke よろしければフォローお願いします。

【JPNOPEN予選2位ベスト16】ユクシールカリオカイリュー+トリル展開

どうもです。

今回は3/26に行われましたJPNOPENにHN「るか」として参加してきました。初めて参加しましたが、フォロワーさんや新しい人との交流ができ非常に楽しむことができました。

 

<構築の経緯>

JPNOPENの第1回がエムリット入りの構築、第2回がアグノム入りの構築がそれぞれ優勝しているので第3回となる今回ユクシー入りでの優勝を目指すことにしました。

実際はどちらにもメガマンダが組み込まれていましたが使い慣れているポケモンではないので、いつも使用しているメガ枠であるルカリオとの組み合わせを考えるところからスタート。

ここに個人的に気になっているトリルメガゲンガーを組み込むことにし、ユクシートリックルームを覚えるのでユクシーからのステロ展開とトリル展開の2つの展開を勝ち筋として用意することにした。

 

ステロ展開ではルカリオとの相性補完に優れていて、先制技でトリルに縛られることのないカイリューを採用し、トリルエースとしてカイリューとの相性補完の優れるニンフィアまで確定とした。残りの1枠にはトリル下での高火力物理エース兼カバルカイリュー展開の偽装などで圧力をかけていくことを狙ってカバルドンを採用して完成しました。

f:id:mojupoke:20160328011245p:plain

<個別紹介>

※記事リンクは全て無断での使用となっていますので問題がある場合には削除いたします。

また実数値の欄ではメガポケモンには()内にメガ進化後の実数値を記載。

ユクシーユクシー@ゴツメ

性格:穏やか 特性:浮遊

努力値:H248B36D160S64(UVVVUU個体使用)

実数値:181-×-155-95-187-123

技構成:ステルスロック/あくび/トリックルーム/おきみやげ

H:ぶっぱ

B:あまり

D:H-DがC4振りメガゲンガーの状態異常たたりめ耐え

S:準速70族抜き

今回のコンセプトで起点つくり要員。ゴツメを持たせながら特殊方面に厚くした理由としては、起点を作った際に物理に対して欠伸を入れた時ちょい残しでユクシーが残ってしまい眠りターンを消費されるのを嫌ったからです。

技はトリルを入れたためこれでほぼ確定。実際ユクシーでトリルを貼ることがなかったためイカサマあたりの攻撃技に変更をするか、ほかの補助技を入れるのがいいのかと思いました。メインでこいつを使って優勝を狙うと言っていたのですが、後述するカバが優秀であったためそこまで選出をすることが出来なかったのが残念でした。

選出数 2/9

 

ルカリオメガルカリオルカリオ@メガ石

性格:陽気 特性:正義の心(適応力)

努力値:H4A252S252

実数値:146(146)-162(197)-90(108)-x-90-156(180)

技構成:インファイト/神速/アイアンテール/剣の舞

物理型での採用。トリル展開の中でも優先度の壁は高いので神速とメインウェポンのインファイトは確定でここまでで素のゲンガーに対する打点がないこと、フェアリーへの打点が欲しかったのでアイアンテールを採用。

結構選出でき活躍させることもできましたが、決勝トーナメントで負けた試合でルカリオミラーで同速負けしたのですべてチャラになりました。

選出数 6/9

 

カイリューカイリュー@ラム

性格:陽気 特性:マルチスケイル

努力値:H4A252S252

実数値:167-186-115-x-120-145

技構成:逆鱗/神速/竜の舞/地震

前のカバルカカイリューで使ってたものから炎のパンチを地震に変えた個体。

陽気の理由はユクシー+ルカリオカイリューの選出をした際に1舞でメガゲンガーを抜くことができるため。

技を変えた理由は今回は過去作ありだったのでドランが増えるかもと思ったこととガルドへの安定打点が欲しかったため。

選出した試合は十分な仕事をしてくれたと思います。陽気で採用したことで魔界ロトムの上を取ることが出来ていたのが1勝を取ることのできた大きな要因だと思いますので。  

選出数 6/9

 

ゲンガーメガゲンガーゲンガー@メガ石

性格:控えめ 特性:浮遊(かげふみ)

努力値:H188B4C4D76S236

実数値:159(159)-x-81(101)-166(210)-105(125)-160(180)

技構成:シャドーボール/ヘドロ爆弾/トリックルーム/道連れ

耐久振りゲンガー - おもしろきこともなきよをおもしろく

こちらの記事の②の調整を使わせていただき、@1の技にトリルを採用した型になっています。

トリルメガゲンガーが気になっていた理由は単純に9回目の道連れの実現という言葉の響きがかっけぇ…ってなったからです。

使った感想としてはトリルの使いどころを見極めるのが難しいことでした。私が思考停止マンだったため、ジャロとの初手対面でトリル貼ったり、1撃で落とされる技持ってる可能性の高い敵の前で後攻になるの忘れて打ったりターン数を数え間違えたりなどしました。結果としてトリルがうまいことハマって勝つことができた試合が2つほどあったので面白いポケモンというのが雑感。9回目の道連れの実現が出来たので満足です。 

選出数 3/9

 

カバルドンカバルドン@鉢巻

性格:意地っ張り 特性:砂起こし

努力値:H252A164B52D4S36

実数値:215-168-145-x-93-72

技構成:地震/噛み砕く/馬鹿力/ストーンエッジ

【第二回真皇杯東海予選使用構築】カバドリ偽装ガルサザン【3位】 - カバドリ@4

調整はこちらのものを採用させていただきました。

カバルカイリューで意外と重く型判別の難しいガブだったり初手で呼びやすいゲンガーなどに対して負荷をかけ後続の全抜きを数的有利でサポートすること、トリル展開での物理エースとしての役割を持ってもらうために採用しました。

元の構築では氷の牙を採用していましたが、両方の展開で重いであろう耐久アローに対して鬼火を入れられても負荷をかけることのできるエッジを採用しました。

今回のオフでMVPはこいつだと思っています。トリルエースとしてよりかは初手で場を荒らしてもらうことが基本でしたルカリオカイリューやゲンガーニンフィアを通しやすくすることができたと感じました。  

選出数 7/9

 

ニンフィアニンフィア@眼鏡

性格:控えめ: 特性:フェアリースキン

努力値:H164B84C232D8S20(めざ地面個体)

実数値:191-x-96-174-151-83

技構成:ハイパーボイス/サイコショック/めざめるパワー地面/シャドーボール

トリル展開でのエースとして採用。ドランが重いと感じたのでめざパ地面で採用。

調整はHBをメガバシャのフレドラ耐えだったと思います。

眼鏡ニンフィアのトリル展開はレートでもよく対戦することのあり、実際に使ってみることでその強さがわかったかなという感じです。

選出数 3/9

 

試運転ではレートで8-0でこれはいいのでは!?みたいな感じでしたがたまたまオンラインになっていたフレンドにボコられたりしました。(AS剣舞ムドーを許すな)

結果は予選アメリカブロックを5-2で予選抜け。決勝トーナメントで1回勝ちの次負けでベスト16でした。予選は2連敗からの5連勝という感じで抜けることができたので本当にうれしかったです。

ユクシーだけ優勝していないことからユクシーのKP増えるのではないかと思いましたが、実際はユクシーのKPは1で自分だけでした()

ユクシーを使って優勝できなかったこと、ルカリオミラーでの負けなどで非常に悔しい結果となりましたが、やりたかったことをやることができたのは満足です。

 

最後にJPNOPENの主催のJPNさん並びに運営の皆さま素晴らしい企画を本当にありがとうございました。また対戦して下さった方、お話してくれた方もありがとうございました。